所属選手一覧

神谷 英慶【第55代BJW認定タッグ王者】

誕生日 1992年1月28日
血液型 A型
身長・体重 180cm / 110kg
出身地 三重県松阪市
デビュー 2012年4月13日
神奈川・横浜にぎわい座大会
vs 石川晋也&小川内潤(パートナーは岡林裕二)
得意技 バックドロップ
ショルダータックル
ストレッチプラム
刈龍怒(合体技)
テーマ曲 Reckless(永町一樹)
SNS

トーナメント&リーグ戦
最侠タッグリーグ2017
結果 優勝
パートナー 橋本大地
最侠タッグリーグ2020
結果 優勝
パートナー 橋本大地

 

タッグ王座
BJW認定タッグ王座
歴代 第41代
パートナー 浜亮太

 

シングル王座
BJW認定世界ストロングヘビー級王座
歴代 第8代
対戦相手 岡林裕二

 

解説


地獄の10代を乗り越えた、不屈の男だ。父は何度も入れ替わり、母は高校の時に死去…。
そのほかにも、さまざまな不運を一身に背負ったかのような人生…。悲運の状況でも間違った道に進まず、すべてを変えるために19歳、親や家族を捨ててプロレス界に飛び込んだ。
デビューからしばらくはケガに泣かされたものの、次第に肉体的な厚みをトレーニングによって獲得し、全人生を懸けて臨んだ’16年7月、両国国技館にて岡林裕二を撃破してBJW認定世界ストロングヘビー級王座を初戴冠。
その後、橋本大地と大神を結成し’17年は「最侠タッグリーグ戦」を初優勝。
’18年は「いまの大日本は好きじゃありません」など、刺激的主張もあり他団体との闘いを訴えた。
’20年の無観客興行にてハードコアマッチに開眼。11月23日の大阪大会ではついに有刺鉄線デスマッチに身を投じる。
トーナメントでの開催となった最侠タッグ2020を再び大神で制覇し、’21年の一騎当千2021〜Deathmatch Survivor〜に初エントリー。
ストロング&ハードコア&デスマッチを縦横無尽に突き進む大日本プロレスが誇るパワーファイター。読書家でもある。
 
フィニッシュホールド



【バックドロップ】