2021.12.24

【12.19保土ヶ谷リポート、登坂社長が語る5.5横浜武道館“帰還”の意義】
「週刊プロレス」1月5日&12日号(NO.2157)掲載情報

拡大表示

週刊プロレス今週号では、2022年5月5日横浜武道館が発表された12.19保土ヶ谷を、1.2後楽園のストロングヘビー戦に向けた野村卓矢と岡林裕二の闘いを中心にリポート。また、横浜武道館に関しては登坂栄児社長が“帰還”の意義を語っています。また、対抗戦となったDDT12.18名古屋でも岡林の対竹下幸之介に向けた試合がリポートされています。

※地域によって発売日は異なります。確実に購入したい方はベースボール・マガジン社受注センター(℡025・780・1231/FAX025・780・1232)まで。

 

週刊プロレス詳細


書籍名 「週刊プロレス」1月5日&12日号(NO.2157)
金額 580円