• デスマッチBJ
  • 伊東 竜二
  • ■誕生日
  • 1976年4月8日
  • ■血液型
  • B
  • ■身長・体重
  • 185cm/95kg
  • ■出身地
  • 岩手県岩手郡滝沢村
  • ■デビュー
  • 1999年4月29日 ツインメッセ静岡大会 vs 葛西純
  • ■得意技
  • ドラゴンスプラッシュ
    ムーンサルトプレス
    ドラゴンキッカー
    タランチュラ
  • ■テーマ曲
  • Dragon Road 〜龍の道〜
  • ■タイトル
  • トーナメント&リーグ戦
    名 称
    結 果
    相手
    第3回隼杯
    優 勝
    岡林裕二
    一騎当千2013〜DEATH MATCH SURVIVOR〜
    優 勝
    木イサミ

    タッグ王座
    名 称
    歴 代
    パートナー
    WEWハードコアタッグ
    第12代
    下田大作
    KO-Dタッグ王座
    第14代
    高木三四郎
    横浜ショッピングストリート6人タッグ王座
    第5代
    “黒天使”沼澤邪鬼&関本大介
    BJW認定タッグ王座
    第18代
    BADBOY非道

    シングル王座
    名 称
    歴 代
    対戦相手
    BJW認定デスマッチヘビー級王座
    第16代
    金村キンタロー
    BJW認定デスマッチヘビー級王座
    第19代
    佐々木貴
    BJW認定デスマッチヘビー級王座
    第22代
    “黒天使”沼澤邪鬼
    BJW認定デスマッチヘビー級王座
    第25代
    宮本裕向
    BJW認定デスマッチヘビー級王座
    第29代
    木イサミ
    BJW認定デスマッチヘビー級王座
    第32代
    アブドーラ・小林
  • ■ブログ
  • ドラゴン日記
  • ■解説
  • 今思い起しても、伊東竜二の覚醒は衝撃的かつ刺激的だった。
    それまでは線の細いジュニア戦士のイメージしかなく、デスマッチとはおよそかけ離れた存在だった。

    だが、草創期のスペシャリストやデスマッチ新世代、金村キンタローをはじめとするFMWからの流れ、さらには葛西のドロドロした方向性のどのスタイルとも一線を画すまったく新しい感覚であるアーティスティックなデスマッチを掲げて参画するや、瞬く間に王座を奪取。
    新しいもの、コペルニクス的発想の転換による突然変異的なエースの到来を待ちかねていたファンは、一気に伊東のデスマッチを支持した。

    元々、デスマッチをやる前からアイテム作りをやっていた為、『自分だったらもっとこうするのに』と言うアイデアが溜まっていた。それが吐き出された時に、斬新なものと映ったのだ。 一時はドン底ににまで落ち込んだ観客動員も、伊東の存在によって回復。
    やはり観客は、劇的な変化を求めていたのだ。
    そんな伊東もすべてが順風満帆だったわけではない。
    ケガによる長期欠場にも泣かされ、その間に次世代である宮本裕向が台頭。

    伊東は再びデスマッチ王者に返り咲くタイミングを焦る事なくうかがってきた。 そして2009年のベイストバウト賞を受賞し、勢いをつけた上で、記念すべき15周年のリングで満を持して挑戦する。
    そこは、初戴冠の思い出の場所・横浜文体にて王者に返り咲いた。

    解説//鈴木健

Copyright(C)2005-2016 by (有)四ッ葉工芸.All rights reserved.
会社名
住所
電話番号
FAX番号
有限会社四ッ葉工芸 横浜市都筑区池辺町4364 アムフルス3階 045-507-1751 045-507-1750